メディカルアロマ

糖尿病と注射の関係

糖尿病を患っている方を家族に持っている方などは食事前や後に注射をしているのを見たことはありませんか?
あれはインスリン注射と言って血糖をコントロール出来ない方が不足を補うために定期的に打つものなんです。

針はとても細く、痛みは感じないとされています、ペンのような形をしており自分で簡単に打つことが出来るんですね。
1型糖尿病を患っている人は一生このインスリン治療を続けなければならず、インスリンを分泌しないため打たなければ危険な状態になるからなんですね。
2型糖尿病の方は一時期だけインスリン注射を行い、分泌機能が回復の傾向にあれば内服薬でなんとか治療を行うことも可能です。

インスリン注射は家庭でできる安全な治療ですが注意も必要です。
低血糖という言葉をご存知でしょうか?
低血糖は空腹感を覚え、脱力感や動悸、震え、めまい等の症状が襲い最悪の場合脳に障害を残す可能性のある非常に危険な状態です。
これはインスリン注射を多く打ってしまったり、決められた時間以外に打つとなることがあります。
その他、食事をしっかりと取らずいきなり摂ったり、激しい運動後に引き起こしやすく、医師との決めた規定、時間をしっかりと守り安全に自宅でインスリンを補って糖尿病と上手く付き合って重大な病気を防ぎましょう