メディカルアロマ

糖尿病と合併症の詳細

糖尿病は罹ってしまえば回復することはなく危険な病気ではないのかと心配ですね。
糖尿病そのものは危険な病気ではないので、しっかりと日常生活の中で折り合いをつけて生活すれば普通に過ごせます
ですが、併発する合併症はとても危険なんですね。
その危険な合併症を予防抑制するのが糖尿病治療である血糖値コントロールです。

合併症には急性合併症と慢性合併症の2つに分けられます
急性合併症は高血糖性の急性代謝失調で、極度のインスリン不足などが原因で急に発症する合併症です。
高浸透圧高血糖症候群や感染症が疑われ、昏睡状態や免疫低下など重篤な症状が出る事もあるので早めに病院で処置しましょう。
慢性合併症は一般に糖尿病で言われている合併症で、神経障害、網膜症、腎症が挙げられます。
血管と神経を侵し、全身への影響も著しいので医療機関でしっかりと検査、治療をしましょう。

これだけを聞くと糖尿病はとても危険な病気で、病気を引き起こす原因であると見られていますがきちんとコントロールしていけばそんなに心配する必要はありません、その意識をもつことが重要です。
合併症の予防はしっかりと行い、少しでも疑いのある場合は病院へ通院し医師の判断を仰ぎましょう。
合併症が進行し、そのまま危険な状態にしておくと取り返しの付かないことにもなるので、病気への意識を高く持ちましょう。