メディカルアロマ

糖尿病と栄養士さんの食事指導に関して

糖尿病は生活習慣の中で少しづつ症状を蓄積させていきます。それは食生活や運動などで解消することが出来る部分なだけになんとかしておきたいですね。
実際、糖尿病を罹ってしまった場合には食生活を変えていかないと血糖値が上手くコントロールできず、合併症を発症してしまう可能性が上がります。
そうならない為にも手助けをしてくれるのが栄養士さんで、栄養士の方が食事指導として生活習慣を一緒になって考えアドバイスしてくれます。

患者が生活する上での手助けとし、何時にどれだけ食べればいいかを一緒になって考えてくれ、2人3脚で糖尿病の治療をしていきます。
現に食事の指導を受けた患者さんは一日の摂取量を決め、過不足の無い栄養素を摂りながら血糖コントロールに成功しています。
体重も血糖値も下がり、みるみる体質を改善していきました。
それ程に日常生活の上で生活習慣の改善は効果的で、1人では心細い治療も支えてくれる栄養士さんは信頼出来ます。

糖尿病は長期間の治療が必要な病気です。
食事は一人一人好みも量も摂る時間すら違います、その生活スタイルを尊重しながら患者さんと信頼関係を結び患者さんのためを思った食事指導はわたしたちにとってありがたいですね。